京都で婚約指輪をお探し中のカップル必見!今すぐ使えるブランドカタログ

京都の婚約指輪ブランドガイド » 購入前に要チェック!婚約指輪の基礎知識 » 結婚指輪との違いって?

結婚指輪との違いって?

ここでは婚約指輪の基本中の基本、結婚指輪との違いについてまとめました。

婚約指輪と結婚指輪の違いを知ろう

婚約指輪を探している段階の方は、結婚指輪の購入についてはまだ考えていない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そういった状況ですから、婚約指輪と結婚指輪の違いを理解していない方も少なくはありません。

込める意味も違えば、見た目も大きく異なる、2つのブライダルリングの違い。

どういった形・デザインのものを買えばいいのか、基本的なことを知るには両者の違いを知ることが、婚約指輪選びのポイントひとつとなることには間違いありません。

それぞれの違いをチェック!

大きな違いは、その指輪に込められた意味。どういった想いが込められ、それがどうデザインに影響するのかは、婚約指輪選びを考えれば知っておいて損はありません。

ふたりが結婚していることを証明する結婚指輪は日常的につけるため、つくりはシンプル。同じ指輪をすることで心をつなげるとされ、ペアリングでなければいけません。

対して、婚約指輪は自分の愛の証を贈るリングとなります。太古より婚約指輪は存在し、”婚約=結婚する約束”の証明として指輪を贈っていました。

婚約指輪には、永遠の愛に見立て、永遠の輝きを放つダイヤモンドをあしらうことがほとんど。15世紀頃に王家の間でダイヤモンドのついた婚約指輪を贈ったことが、今も続いているといわれています。

単純にプレゼントだから、という安易な気持ちで探していては、相手への気持ちも伝わりづらいですし、見た目ばかりで考えてしまい、最終的に迷ってしまう原因に。

相手への気持ちを形にする指輪、という背景を知ることで、強い意志と想いで婚約指輪を選ぶことができることでしょう。

兼ねるのはあり?なし?

最近では、結婚指輪と婚約指輪を兼ねるカップルも多く見られるようです。しかし、一般的ではありませんし、なにより婚約指輪は女性にとっての憧れ

結婚を約束する証となる婚約指輪は、贈ることで男性にとっても決意の表れとなるため、別個で準備することをオススメします。

もちろん、結婚は莫大な費用がかかる一大イベントです。婚約指輪と結婚指輪2本の計3つのリングは容易に準備できるものではありません。

無理をして高額な指輪を準備する必要はありません。自分に見合った指輪を選ぶことも、婚約指輪選びにおいては必要なことかもしれませんね。

京都の婚約・結婚指輪ブランドランキング
このページの上へ戻る